初診の方

施術の流れ

アンケートと問診票に必要事項や症状を記入していただきます。

「腰が3ヶ月前から痛くて・・・」
「病院でこんな診察を受けました・・」
「10年前に交通事故でムチ打ちになりました・・・]
 などの情報が痛みの原因を探すうえで大変役立ちます。

カウンセリング

アンケート・問診票の記入事項をもとに症状についてどのようなお悩みがあるのかをお聞きいたします。

例えば
先生   「いつ頃から痛みがありますか?」
患者さん 「3日前から痛みがひどくて・・・」
先生   「痛みの原因について何か思い当たる
      ことはないですか?]
患者さん 「そー言えば、出産後から腰が痛かった・・・]

過去にあった症状や仕事・イスの座り方等、日常の生活習慣から
体のゆがみを作った原因の手がかりを探していきます。

検査

現在の体の状態をチェックしていきます。体のゆがみ具合を患者さんご自信がわかるようにご説明しながら症状の原因を探していきます。


先生   「肩の右と左の高さが違うのがわかりますか?]
患者さん 「右が下がってる・・・]
先生   [腰のこの部分が痛みますね!]
患者さん 「はい、そこが痛いんです・・・]
先生   「左右の動きに違いが有るのが解りますか?」
患者さん 「あれ、右のほうが動きがおかしい・・・」

関節にゆがみがあると動きが制限されてしまいます。
カウウセリングでの情報を基に痛みの原因になっている
関節のゆがみを探していきます。

ご説明

姿勢・体のゆがみ具合など検査の結果を骨格模型やイラストなどで
わかりやすくご説明いたします。


先生   「○○さんの体はこの模型のように骨盤がゆがん
      でしまっています。
      骨盤は家に例えると土台になります。土台が傾
      けば背骨がゆがみ〜」

患者さん 「だから片方だけに痛みが出てしまうんだ・」

先生   「問題はなぜ骨盤がゆがんでしまったのか。
      その原因は○○さんの生活習慣が関係していますよ。
      思い当たるところはありませんか?」
     「ゆがみを作ってしまったのは患者さんご自身な
      んです!」
     患者さんご自信が気づいていただくことが重要
      です!!


患者さん 「これから気をつけないと。」 


 体のゆがみは普段の姿勢が関係しています。
 ソファーでごろねしていたり椅子に浅く腰掛けていません
 か?

施術

体の土台である骨盤調整を中心に緊張した筋肉を緩めながら施術を行います。関節の動きをスムーズにすることで患者さんご自信で変ってゆく体の動きを感じることができます。

先生    「それでは施術に入りましょうか。骨盤調整か
       ら行います」
患者さん  「は〜、ん?、あっ 気持ちいいですね・・・」
先生    「先ほどの検査で痛かったところ今はどうですか?」
患者さん  「アレ!何かいいかも・・(^^)」 

再検査

施術終了後に再度検査を行い体のゆがみ具合の変化を確認します。

先生   「骨盤調整しかしていませんが肩の高さがそろいました。わかりますか?)
患者さん 「何か不思議、体も軽くなった気がします。」
先生   「問題は整った体を維持する方法です。
       出来ますね!」
患者さん 「はい。やってみます」


今すぐお電話を電話を!047−387−7100
久保健康整体院 担当 久保


「トップページへ」

次回までの経過観察の説明

初診が終わり2回目までの間、特に施術を受けてからの3日間の経過観察はとても重要です。

症状が 楽になったのか? だるさを感じたのか? 等

この経過を患者さん自身で観察してもらいながら症状の変化から原因を特定していきます。

2回目以降は症状の経過をみながら体作りを行っていきながら症状と施術プログラムに合わせ

調整していきます。

問診と経過観察は毎回必ず行い体の動き具合・姿勢の検査も毎回、説明しながら行います。

これを繰り返すことで自分の姿勢・痛みの程度を自然と感じていただけるようになります。

姿勢・痛みなどの変化を意識している方は改善が早い傾向が有ります。

栄養・運動・睡眠環境の改善を早めに実行される方ほど良い結果がでます。

今すぐお電話を電話を!

047−387−7100
久保健康整体院 担当 久保




Copyright © 2007 - 2019 kubokenkou.sso.jp 割引クーポンと地域情報タウンタウン